久々のお隣の国のネタというか、安倍総理がまずはお互いの信頼関係を築いた上での首脳会談というものを見せてあげたのですが、韓国というのは本当に隙あらば外賓であろうと利用しようという企むという異常さをトランプ大統領の目の前さらけ出して一体何がしたいのでしょうかね?

 

時事通信では

韓国の文在寅政権は7日、国賓として訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんを招待した。

李さんは慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意の撤回を求め、積極的に発言している。合意に批判的立場を取る文大統領としては、慰安婦など歴史問題の存在をクローズアップさせ、米政府の合意への支持切り崩しを図る狙いもありそうだ。

李さんは、米議会で証言するため英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画「アイ・キャン・スピーク」のモデルとされている。韓国大統領府当局者は「トランプ大統領が訪問した日韓には慰安婦など歴史問題もある」と招待の理由を説明した。

李さんは2007年2月、米下院小委員会で慰安婦の実態について証言するなど活発に活動。15年4月、安倍晋三首相が米議会で演説した際には、議事堂で傍聴した。15年12月末に発表された日韓合意については「公式謝罪と法的賠償を欠いている」と批判し、受け入れを拒否している。

文大統領はバカなんでしょうかね?慰安婦問題というものは1965年の日韓基本条約や請求権協定でも取り上げられずに、朝日のバカ新聞が捏造してできた物だということはこれはもう明らかなことで、

自称慰安婦の年齢は合わない、証言にはジープならまだしもヘリまで登場して、日本兵がジッパーを下したとか嘘八百というか、明らかに米軍の話を連発しているわけです。

それをアメリカの大統領にぶつけるなど嫌がらせもいいところですし、アメリカが後押しした日韓合意の支持切り崩しだとか、この民族は本当にどうにもなりませんね。

日本では安倍総理がゴルフ接待でバンカーで前代未聞の曲芸まで披露して、会食やら晩餐会やら最高の「おもてなし」で上機嫌だった後ですから、「何だこれは?罰ゲームなのか?」ということになるでしょうし、日程があるとはいえ、イヴァンカさんが寄らずに帰るという行動がアメリカのスタンスを表しているのかもしれませんよね!

まあ、言ってもやめるわけがないというのも分かり切ったことですが、いっそ一まとめにして吹き飛ばしてやりたいですね。