希望の党の代表を務める小池百合子東京都知事が、マスコミから衆院選に出馬する可能性を問われて、明言を避けながら都政と国政を同様に進めていくとして都知事は辞任しないという見方が強くなっているような雰囲気ですが、

菅官房長官が会見で記者からの質問に対し「私は出てくるのではないかと思っている」と述べました。

さて小池氏が出馬するのかそれとも見送って首相の候補がいない戦いをするのかどちらでしょうかね?

一連の会見を見ていますと小池氏はこの件に関して明確な解答の仕方を避けているように感じるのは私だけではないでしょうし、現場で感じている菅長官のコメントはもっともだと思いますね。

念願の総理大臣の椅子に手がかかるかもしれないですし、この日本にはまだ、そういった目新しさが国を変えると勘違いしている層はかなりいますから、選挙期間中に何かが爆発すれば、一気に政権交代の流れに傾く可能性もあります。

小池氏が、まずは下地作りからと一段ずつステップアップするタイプなのかと言えばそうではないでしょうし、党の立ち上げ方を見ていると、解散の情報が入った時点、まあそれ以前からかもしれませんが準備は着々と行っていたのがわかりますね。

民進党議員の選別などとは言っていますが、欲しい議員は既にリストアップ済みでしょう。

踏み絵は用意しているけれども、チェックをどこまでするかなどわかりませんし、我々が左派とみている議員も当然入ってくるとみていますが、

今、選挙で勝つために必要なものを手にして、あとで切ればいいのですから、理念などではなく集票能力での採用ということになるのではと考えます。

民進党がじり貧になったところで助け舟を出して、野党第一党を手玉に取っている現状からすれば、これは狙うところは「ただ一つしかないだろう」ということですよね。

ただ、都知事を投げ出すというイメージは選挙にマイナスとなることも確かですから、小池氏としてもその大義というものが必要になるでしょうね。

希望の党の代表が小池氏、そして都知事である以上、選挙で勝ったとして「誰が総理になるのか」わからずに投票するのかと指摘する声も徐々に高まってきています。

その批判の声がヒートアップした時点で、自民与党のバッシングに耐えかねて、周りから押されてやむを言えずというような印象でも演出して出馬宣言もアリと読んでいます。

まあ野党第一党にはなるでしょうけれども、国会論戦で代表が質問に立たないというのは、支持した有権者にとっても期待外れになっていまいます。

小池氏は、「東京オリンピック・パラリンピックを成功させる!」と言っていますが、知事の立場ではなく、まあ総理でもと解釈することは出来ます。

したたかな小池氏の事ですから、闇雲に勝負には出ることはあり得ませんから、勝てる見込み、与党過半数割れの構図が見えたら出馬アリ、旗色が悪いとなれば、元々出るとは言っていないで逃げられる体制は万全だということでしょう