民進党の前原代表が読売テレビの「ウェークアップ!ぷらす」に出演して、民進党解体から希望の党との連携まで番組キャスターの辛坊治郎氏から掘り下げられていましたが、明確な答えは得られず、これでは解党もやむなしというところですね。

番組の中ではこの選挙で過半数を取った際の首相は誰がいいのか、前原氏が指名されればなるのか?といったことも取り上げられましたが、

前原氏は「小池さんがいい」との一点張りでしたね。

小池氏は出ないと言っていますし、都知事としての仕事を放り投げれば批判は相当なモノでしょう。

国政には野心がありありで、選挙に悪影響が出るという側面での判断だということも透けて見えてしまっていますから、どちらにしろ大逆風は必至ですからあり得ない話ですね。

それでもなおかつ小池氏推しの前原氏ですが、確かに国政選挙としては政権選択という以上、次期総理は野党第一党を目指す希望の党を取り仕切る小池代表がというのは正論です。

ただし、裏を返せば「都政を放り出してでも国政に来い!」と要求していることですから、どうせならば「小池さんがやらないのであれば、私がと申し上げた」ぐらいの気概が欲しいものですが、如何せんそれでは希望の党の票も分解してしまうでしょうね。

一体だれがなるのかと言えば、万が一にもありませんが、安倍首相が交代するような事態になれば、自公プラス希望の連立は無い話ではありません。

前原氏は反安倍に固執するあまり、こういった現実路線から目を背け、選挙後の自民との連携は自分たちの主張がわかりづらくなると言っていましたが、その考えで選挙を戦い続けても勝機は見出せません。

国民に対して安倍政権をどのようなスタイルで倒し、だれが首相でどのような枠組みで国民が安心する政治を進めていく事ができるということを示した上で、今政権交代が必要だと主張できる議員が誰一人としていません。

かつての野党第一党の党首が「アベが―」連呼で自分が導きたい方向性も示すことができず、公示までまだありますからとか呑気にもほどがありますね。

まあ辛坊氏の番組ですから指摘や追及は当然という状況で、ある意味いいチャンスを得たのですが、

ここで明確な回答や説明ができなかったことも含めて、前原氏が出れば出るほど希望の光はどんどん小さくなって不全の灯になるということでしょうね。