さて、今回はやはり民進党枝野氏が新党立ち上げに踏み切ったということで、この話題に関連して若干お話させていただきたいと思いますが、

小池百合子東京都知事が希望の党を立ち上げたところで、すっかり影が薄くなってしまった民進党をどうするのか?

その決断を迫られた前原代表の様々な部分での力の無さが露呈したということもありますが、

冷静に考えればこれは既定路線でしかありませんから、特段騒ぐことでもありません。

まあ枝野氏が代表選で勝っていれば、離党者続出は当然でも「緑のたぬき」と「赤いきつね」の野党対抗戦の演出はより早く実現していたでしょう。

マスコミ待望のリベラルの受け皿が誕生して、枝野氏は希望の党の仕分けに対抗して来るものは拒まず、希望の党からハネられた議員の受け入れも明言していますから、何とか盛り上げたいと思っているようですが、我々の耳から離れることのない枝野氏の言葉を借りれば「直ちに影響はない」ですし、未来に渡っても影響はありません。

枝野氏は、憲法を守り、安保法制に反対する立場から「立憲民主党」という名称で新党を立ち上げしたわけですが、これで票の分散が一気に加速して、これまで民進党が何とか議席を保つことができた比例での復活というのは望み薄です。

新党の方向性が安倍政権打倒以外に何も見えない状況ですから反自民のレッドチームでの票の奪い合いで自滅という線が濃厚です。

まあこれまで同じ政党にいたのが不思議なほど思想理念が異なるのですから、有権者にとってはようやく民進党、もはや旧民進党と言ってもいいでしょうけれども仕分けではなくゴミの分別ができたというところですね。

長島・細野氏はじめ事前離党組、保身第一他人のふんどし組、金持ち政治屋組、単なる赤組のどれを見てもリサイクル不可の焼却対象でしかありません。

問題なのは、一説には約100億と言われる政党助成金の使われ方ですね。

当初、希望の党に丸抱えしてもらって、立ち上げ間もなくで窮している資金は民進党からという見方が強かったのですが、ここで希望の党との対立軸となる立憲民主党が細胞分裂した今、親の民進党がこれにも資金を出すというのは、さすがに公党の考え方としていかがなものかと思いますね。

残党の中には両者を指示する層があるからいいのだという主張はするでしょうが、法に触れなければ道義的にはどうでもいいような話では、国民の理解など得られるはずがありません。

あなた方は、違法行為を何一つ証明できないことを安倍首相の道義的責任を追及すると抜かして、国会の貴重な時間と経費を無駄にしてきたわけです。

他人のことはとことん批判して、自分たちのことになると屁理屈を並べては正当化するような連中を今回の選挙では一掃しなければいけません。

安倍政権打倒のために理念を超えて団結できるとか、はじかれたら仲間で集合とか、自分は選挙は大丈夫だから知らんぷりであとから決めるとか、もう勝手なことばかりやっています。

この間、明確な政策などは一切出せずの政治ごっこに終始している集団に国を背負う資格など微塵も無いということだけはハッキリしていますよね!