衆議院選挙 2017年9月29日関連情報

連日のように小池百合子東京都知事が立ち上げた新党「希望の党」に民進党議員が「合流」ということが伝えられていますが、新党は「保守であること」を条件に掲げて、記事ではリベラルと言ってはいますが左派グループは排除すると小池代表が「宣言」して、民進党内の左派が発狂!ということになったのか…

会合の結果の言葉を見ると「入りたい」つまりは議員にしがみつきたいという本音が出ているようです。

産経ニュースの記事にこのような記載がありました。

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。

このような「大量虐殺」などというフレーズを使うような新聞社に対して、ピシャリと言ってくれる政治家はそうそういませんから、この部分については評価したいと思いますが…

普通に考えれば小池百合子のもとに集まるということは、保守一直線ということですから当然でしょうね。

まあ、リベラルはダメとか言ってしまったら、正面切って民進党から公認申請しても通るなどあり得ないのですが、

民進党議員の中にいるのはリベラルではなく赤組ですから、当然不要だということは分かりきったことです。

ただ、やはり選挙では勝たなければいけませんから、枝野、辻元あたりの「票だけは欲しい」というのは本音ではないでしょうかね。

民進党前原代表の「どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる。野党がバラバラでは選挙に勝てない」という断末魔の叫びに耳を傾けるのかどうかわかりませんが、

勝てる可能性を追求するとなると、議員に集票能力があるというのは現実的に大きな要素ですから、排除できるのかという点がこの党を見極める大きなポイントになりますね。

いわゆる共謀罪の審議で素っ頓狂な質問連発の逢坂誠二議員はじめ民進党の左派グループは、入る気満々で29日の会合で出席者からは、「本当に希望の党に入れなかったら、ただではおかない」とお得意の発狂も出始めたということですから、この仕分け自体は面白くなりそうですが、このあたりもパフォーマンスの一部なのかもしれません。

既に民進党議員は巣食っているわけですから「今日から保守です!」と言ったら入れてしまうのかもしれませんが、入れない集団を明確にできれば、差別だなんだと言われようが、本気度というものは伝えられるでしょうね。

現時点では細かい政策も解りませんし、何というのか小池氏以外に魅力というものが感じられないということもあるのではと思いますが、中途半端な選挙結果になって選挙後に分解ということもありそうな状態に見えますが、皆さんはいかがお考えでしょうか?