東京都の小池百合子知事が新党の代表に就任して国政選挙を戦うということについては各方面から異論が出て、自身も選挙に打って出るのではないかという見方も出ています。

東京新聞は当然ということでしょうか、小池氏には批判的な立場を示しているようですが、

東京都の小池百合子知事は二十九日の記者会見で、都知事と国政政党「希望の党」代表の兼務の是非を問われ、

安倍晋三首相も自民党総裁を兼ねているとして「問題はない」との見解を示した。ただ、法政大大学院の白鳥浩教授(現代政治分析)は「次元が違う話。都政を預かる知事と、国政政党の代表は方向性が違う」と指摘する。

小池氏は会見で、記者からの「弊害が出ていないのか」との質問に、「全然出ていない」と強調。「総理だって総裁を兼ねている。何ら問題はない」などと答えた。

首相は議院内閣制の下、国会議員の中から国会の議決で指名され、多くの場合は与党第一党の党首が就く。一方、知事は有権者の直接投票で選ばれ、議会との二元代表となる。

白鳥教授は「安倍氏は国政を預かるために自民党総裁をやり、首相に選ばれており、二足のわらじでも何でもない」と、

小池氏が都知事と党代表を兼務することとの違いを指摘。「都知事の行政責任は重い。都民の負託を軽く考えているのではないか」と批判した。 (藤川大樹:東京新聞)

さすがにみなさん、屁理屈だとおっしゃるのもごもっともですね。

首都東京が抱えている緊急的に解決が必要な課題は山ほどあって、築地市場の豊洲移転、そしてオリンピック・パラリンピックの会場へのアクセスなど、待ったなしの重大案件ばかりですから、都政運営に注力するというのがまともな思考です。

そのまともな思考があれば、今勝つために民進と手を組もうとか、まさにこれは悪だくみと言ってもいいでしょうけれども、そのようなことに手を染めることなどしないでしょう。

これまでの短期で、スピーディにそれらを解決して成果が出ているならば、その発言もまあ良しとしますが、決められずに引きずっては時間だけが流れて、しまいにはどっちつかずで専門家のせいにするとか、トップとしては能力が無いと言っていいでしょうね。

それに、国政の場では党首の役割というのはやはり大きいですし、時間は無限ではありません。

都政の延長上に国政があり、国政と密着しているというのは都合のいい解釈で、全く別々に物事は進んでいくからこそ、公務のキャンセルなどが取りだたされていて、会見も中座しなければいけないことになってしまっているわけですよね。

国政に打って出ると言った時点で、批判はあろうとも知事は辞職しなければ、選挙で党首として戦うということは政権を取りにいくということですから、あり得ないということです。

集めたのがクズばかりで誰を代表にすげてもパッとしないというのはまあ、その通りですから、小池氏がダンマリで共同代表で収まっておけば、これほどの騒ぎにもならず、そこそこで次への期待感も残せたと思いますが、

今は矛盾だらけで、中身はバラバラ、一貫性が見て取れるのは小池氏が目立ちたいということだけしかありませんから、ブームや風どころか、出てきて引っ掻き回した挙句に来るべき票も離れてしまっているのでは?という気もしますね。

政党の党首は衆院選の小選挙区を戦い、堂々と当選する力を持って、そして国会で論戦を挑むということがあるべき姿だと思います。

その根本の矛盾を抱えている以上、日がたつほど熱が冷めているのですが、小池劇場に次の仕掛けというものはあるのでしょうかね?