小池百合子代表率いる希望の党が過半数は無理としても与党を過半数割れに追い込む議席を獲得した場合、誰を首相に指名するのかということで、希望の党には正直言って人材は無し。

じゃあ合流したとして民進党代表のニュースタイルの政界壊し屋、前原氏では日本が壊れてしまいますから、小池氏が含みを持たせている自民との連立で名前が挙がるのが石破氏ということですが、その石破氏が産経新聞の記事で小池氏について次のように述べています。

 

自民党の石破茂元幹事長は7日、東京都内で記者団に対し、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)について「なめたら大変なことになる。怖いとかそういうもんじゃない。小池百合子という人を侮ったら大変な目に遭うということは言っておく」と述べた。石破氏の発言は、記者から「小池氏は怖いか。いろいろな意味で策士といわれているが」と問われての返答だが、石破氏が小池氏に一目置いていることがわかる。

一方、石破氏は「小池さんは自民党の同志でやってきたんだから、思いは共通する部分はあるだろうと思っている」と述べ、衆院選後の連携に含みを持たせた。野党時代に石破氏が政調会長、小池氏が総務会長として自民党執行部にいたことに言及し「一生懸命、野党自民党を変えようと思って頑張ってきた。違ったらおかしい」とも強調した。

希望の党側では首相指名候補として石破氏の名前が浮上している。ただ、石破氏は、消費税率の引き上げ凍結などを掲げた希望の党の公約に関しては「スローガンはいいが、どうやって実現するのかだ。消費税を上げない。じゃあ社会保障をどうするのか」と詳しい説明を求めた。

石破氏にとってはそういう畏敬の念を抱く人物なのかもしれませんが、現状はどうでしょうかね。

政治家が一人で牛耳る事ができると思って突っ走り始めた小池氏の周りからポツリポツリと離れている方々が出始めています。

人の信頼というものは脆いもので、いくら知名度があり、人気があって旋風を巻き起こした人物でも、水が流れ始めればあっという間に崩れてしまいます。

小池氏が今おかれている状況は、まさにその状態でせき止めていた水がちょろちょろと流れて、何とかここで食い止めようとして、都知事に専念と宣言しているわけですよね。

攻めに転じれば一気呵成の威力は秘めているかもしれませんが、石破氏の言うような怖さは諸刃の剣ですから、守りに転じている今は自滅の引き金になる可能性が極めて高いとみます。

新党の立ち上げから、民進党の選別、若狭氏の発言を一蹴などまさに小池イズムで突き進んできたことは、独裁的だというイメージが生まれていました。

そこにきて音喜多氏が都民ファーストの会での言論統制と「ブラックボックス」発言をして離党ということで、小池氏のいわば闇の部分がクローズアップされて、怖さというものが表面に浮き上がって効力を失っているのではないでしょうか。

まあ発言はどっちつかずの石破氏らしい終わり方ですが、多少はそういうことも意識しているのでしょうけれども、希望の風は日ごとにフェードアウトしているということを感じ取れないのであれば、総理の器は回ってこないでしょうね。