民進党が選挙戦略として掲げた離党者の選挙区への「刺客作戦」がとん挫しているという記事が産経新聞のサイトに掲載されていました。

記事では民進党の離党者が民進党の候補者としては票を持っているということもあって、選挙に強いということで対抗馬を立てられず、細野豪志元環境相の新党参加で、一気に潮目も変わって候補予定者が離脱するなど、刺客不在というボロボロの状態だということですが、

この記事のオーサーコメントは東京新聞望月記者の天敵、フリーランスの安積明子氏ということで、彼女のコメントを見てみましょう。

党を離れた者に対し、離党と除籍に処分が分かれたが、これには客観的で明確な基準がない。

民進党は結局、離党した細野豪志氏とくっついている除籍者とも一緒にやるつもりなのか。

ならばなぜ除籍としたのか。

「刺客を立てる」と言いながら、選挙の後に連携するなら有権者は理解できない。温度差があるのは、民進党内部だけではない。もっとも大きな温度差は、民進党と有権者の間にある。

仰るとおりですね。

その辺の曖昧さだけ取っても、有権者からみれば信用できない党ということですから、支持されるはずもありません。

安倍政権打倒ということでまとまることが大義になると考えていること自体、有権者目線から乖離していることが見えないようなら政治家をしている価値などありません。選挙に立たず、引退するべきでしょう。

今野党が共闘してやろうとしていることは、ここに至るまで民進党はじめ安倍憎しの集団がずっとやり続けてきたことと何も変わらずで、それを選挙で改めて問おうとしているわけです。

民進党の支持率は2桁を割り、ジリジリ下がって、実情はもう共産党とどっこいどっこいのレベルと思ってもいいところまで下落しているという感覚が普通なのですから、その感覚があれば、そのままのやり方を継続するというのはあり得ないでしょう。

票集めに走って当選者を確保したところで、政策など実行できるはずもありませんから、自分たちの政策と理念を貫いて国民の声を聞くということに集中した方が、支持を戻すことにつながるという意識は持てないのでしょうかね。

何れにせよ、このタイミングでの選挙は民進党にとってはやることなすこと全てが最悪でしょうが、まあ我々としてはこの上無い絶好のタイミングだということですね!