8日に行われた日本記者クラブ主催の党首討論会で、朝日新聞が政策そっちのけの森友・加計を持ち出してきたのには、さすがは朝日、東京新聞と肩を並べてきたかと思いましたが。

その中で、なんと朝日の記者が安倍総理に対して音声にも映像にも残る大ウソをつくという醜態を演じて話題になっていますので、これはしっかりと残しておかなければいけませんね。

まずは問題の安倍総理と朝日の坪井ゆづる記者とのやりとりですが、

これに対して朝日は早速後追い記事を投稿して「10回以上掲載した」と反論していますが、記事として書くというのはそういうことではありません。

例えば、民進党がブラックボックスに放り込んでしまった民主党時代のやり取りなどは、国民がこの問題を理解する上で重要なことですから、全文とはいかないまでも、主要な部分を掲載したというのであれば良しとしましょう。

安倍総理から「ファクトチェック」をと言われたのですが、朝日の反論は

朝日新聞(東京本社発行の最終版)は、閉会中審査での八田氏の発言について、7月25日付の朝刊で獣医学部新設の決定プロセスを「一点の曇りもない」とした答弁や、「不公平な行政が正された」とする見解を掲載した。また、こうした国会での発言も含め、八田氏に単独取材した今年3月下旬以降に10回以上、八田氏の発言や内閣府のホームページで公表された見解などを掲載してきた。

加戸氏については、閉会中審査が開かれた翌日の7月11日と25日付の朝刊で、国会でのやりとりの詳細を伝える記事で見出しを立てて報じたり、総合2面の「時時刻刻」の中で発言を引用したりしている。

ですが、じゃあファクトチェックしてみると、自分たちのサイトを消してもネットには魚拓がたくさんあります。引用したりしているとは言っても、見当たらなかったり、ほとんど記載がないというレベルですから、朝日新聞はウソを上塗りしていく体質がこびりついてしまってどうにもならないようですね。

まずは7月11日の朝刊です1面を目を皿のようにしていきましょう!

この中には加戸の文字は出てきません時事刻々ですか…こちらも見ていくと原さんの一言だけありますね。

これを称して朝日は「報じている」と嘘をつき、さらに追加して嘘を正当化する記事を書いてきたということです。

これが「ファクト」なのですが、朝日の反論を待ちましょうかね!