加計学園の獣医学部新設について、文科省の審議会が認可の方針だという情報が出ていますが、色々と難癖をつけてきた民進党、そして玉木議員はじめ旧民進連中はこれをどう受け止めて、収めていくのか見ものですね。

テレ朝の解説では、立憲民主党、希望の党、民進党が合同で追及チームを立ち上げるという構想も浮上だとか実に無駄なことをやるようですが、この解説冒頭ではとんでもないことを言っていましたね。

 

マスコミも野党も打倒安倍で狂乱

「野党としては、安倍政権にまさに国民の信頼を取り戻させないことがポイントになります。」だとか言ってましたが、政権の信頼が回復して安定するということが国民にとって不都合なこと、悪いことなんでしょうかね?

政権を不安定にさせようと企んだりするから支持も集まらずに今の状態になっているのですから、これは自分たちにとっても利益になりませんからね。

 

民進党のプロジェクトチームが森友では詐欺師の籠池氏、加計では公職選挙法違反の黒川氏といった不逞の輩を招き入れて、国会でトンデモ質問を繰り返したわけですが、その責任は一体どうするのでしょうか。

加計学園が認可ということになれば、言われていたような教員の数や実習と言ったカリキュラムはもちろん、施設の面でも問題は無いということですから、野党が追及していた加計学園本体に対するネタの根拠が全くのデマということになってしまいますからね。

 

何が問題なのかわからない!

加計学園に関しては「総理のお友達優遇ではないか?」と難癖をつけてきたことが始まりですが、そのために民主党時代に地域の国会議員や加計氏の友人である江田五月最高顧問の努力で「実現に向けた検討」と核上げした事実を、関連したブログまで削除して隠ぺいしました。

加戸前知事の説明はその流れを全て裏付けしていましたから、マスコミがいきなり安倍総理の腹心の友という図式を示している以上、不都合な内容でしかなかったわけです。

その加戸氏の文科省の後輩である前川氏がしゃしゃり出て、総理のご意向とした文書も「法律的には何の問題もない」と玉木議員が明言して、問題は文科省の調査、公表の仕方という部分で終わりでした。

しかし、玉木議員はじめ、今度は学園自体の認可阻止に走ってきたことから無理にさらに無理がかかってしまって、やることなすこと証明は出来ない上に、持ち出した石破4条件を巡っては、獣医師会の工作というものが明白になって、

今度は獣医学部設置を検討していた京産大を排除するための理由付けが行われたと言えば、当の京産大が会見してそんなことは無いと一蹴されるなど、結局、森友同様に騒いで終わりです。

そこにきてワインセラーだのデマ質問やら、あとは今治の職員が官邸訪問したかしないかとか、どうでもいい話ですが、論点が全く定まっていませんから、何が問題だったのか、国民にはわからない状態にしてしまいましたね。

 

問題なのは進めなった民主党

今治の学園都市構想を県も後押しして、そこに手を挙げたのが加計学園で、それ以来何度も岩盤規制に跳ね返されたわけです。
民主政権になって、自民党が出来なかったこと、この案件は民主党にとってアピールするための好材料ですから、要望を吸い上げした民主党は、いわば飛びついて、国会でもノリノリの答弁で「前向きになった」ということになったというのがまぎれもない事実です。

検証すべきはその先で、なぜそこからフェードアウトしたのかということです。

時期を同じくして玉木議員らに対して獣医師会側から献金が流れてきている以上、身内でブレーキをかけた者がいるからだろうというのは、自民党の族議員と同様ですから容易に想像できます。

それをもう一度元に戻したのが安倍政権だというのであれば、獣医師会の圧力に屈せず、岩盤規制を突破すること自体評価されるべきであって、野党の言い分は全てがあとから付け足したものでしかありません。

衆院選で争点にしたけれども結果は伴わずで、衆院選後もまだモリカケだと言ってる議員には呆れだけしかないのですが、まだまだ恥の上塗りが足りないというのであれば、何を持ち出してくるのかゆっくりと見させてもらいましょう。